ハレクイスパロマ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて一人ほくそえむ・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

異端の恋 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「きみを愛している。だが…」アリフはまるで呪いのようにその言葉をゆっくりと激情を込めて繰り返した。プロとして初めて馬術競技大会に挑んだホリーが出会ったのは傲慢で自信に満ちたトルコの騎手アリフだった。彼女は一目で、アリフにライバルと恋人を同時に見てしまった。しかし運命の嵐にもてあそばれるようにパリで、イスタンブールで、ふたりの心はすれちがう。「だが…妻に選ぶ女性は決してきみではない」アリフは冷酷に言い放った。どうして、わたしが“ガビール”―異教徒だから?ボスポラス海峡を渡ってくる風に吹かれ、モスクを煙らせる朝霞のなかでホリーは思い惑った。

遺産の行方 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「なんて変わった人だったの、アーデラ叔母さんは!」シャーリは巨額の遺産のありかをしるしたロケット探しの最初の手がかりをランプシェードの裏に見つけて、叫んだ。彼女は大叔母からバンクーバーの家を相続したが、大掃除の最中にそこらじゅうから現金が出てきていまや本格的な宝探しのゲームが始まった。故郷からここに移ってきて一カ月半というものシヤーリには驚きの連続だった。欲の皮がつっぱった親戚は入れ替わり立ち替わりやってくるし、そしてなによりも、あのロシャンという男―彼もまたロケットほしさに近づいてくるのだろうか?わたしはシェフ、料理人が多いとどうなるかはわかっている。欲深な連中はたくさんだけど、でもロシャンはいてほしい。

秘密の一族 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
彼女は、クリスマス・ジェーン・ドウ―略してシージェイと呼ばれている。二十六年前のクリスマスの朝、赤ん坊の彼女は、ワトソン家の戸口に置き去りにされていた。ワトソン家で育てられ、美しい娘に成長した現在も、誰が彼女を産み、誰が捨てたのかは、依然としてわからない。当時、町始まって以来の大スキャンダルだったが、彼女を巡る謎は今また新たな影を落とすことになる。最近、町の資産家ヴィクトリア・タウンゼンドがシージェイに広大な土地を遺して亡くなった。いったいなぜ彼女に?遺族は、遺産を放棄させようと躍起だ。そして、その訴訟を担当するニューヨーク帰りの魅力的な弁護士が、事態をさらに複雑にする…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウォレン,リンダ
テキサスに生まれ育つ。看護婦になるのが夢だったが、在学中にリューマチ様関節炎にかかり断念。その後美術の勉強をし画家として成功するが、テレビン油で目を痛め、油絵からも離れざるを得なくなる。そして物語を書きはじめた。『秘密の一族』は彼女のデビュー作で、最も気に入っている作品でもあるという。現在、次々と新作を執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

DNAの迷宮 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フェイスの妹レイシーが、双子を産んだあと亡くなった。その親権をめぐり、いま裁判が行われている。臨終の妹から直接親権を託されたフェイスはもちろん、レイシーの別れた夫マイケルと、束の間の交際相手キップが、三者三様に双子は自分のものだと主張して譲らない。結論はDNA鑑定の結果を待つこととなった。ところが驚いたことに、双子の父親は一人ではなく、マイケルもキップもそれぞれに父親だと判明した。誰が父親だろうと、双子は引き離せないわ。決意を固めるフェイスに、マイケルが提案した―裁判を有利に運ぶために、便宜的に結婚しよう、と。ひそかにマイケルを慕っていたフェイスの心は激しく揺れた。スーパーロマンスの人気作家によるミニシリーズTwins。双子という不思議な絆に結ばれるきょうだいをテーマにした興味深い物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フォックス,ロズ・デニー
カレッジの旅行科専攻で、旅行業のスペシャリストとしてキャリアをスタートさせた。同時に執筆活動も始め、1980年代から短編小説を書きだした。結婚、子育てが一段落したのち、本格的にロマンス小説の執筆にかかり、1992年にはRITA賞の最終候補作に残る。ハーレクイン・イマージュ・シリーズではロズ・デニーという名で活躍し、スーパーロマンスではロズ・D・フォックスとして創作を続けている。長年連れ添った夫とアリゾナ州南東部のツーソンに住み、最近では孫も増えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

お見合い大作戦―2000年には結婚を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
離婚して五年。二人の娘のいる家と仕事場を往復するだけで、まったく男性に縁のない生活を送っていたシャロンのまわりに、なぜか最近、いろいろな男性が現れる。娘たちの友人の父親に、本屋の店員、学校の保健教師…。しかもみんなシングルらしい。実は、娘たちがこっそり企んだお見合いなのだ。だが二度と傷つかずに生きていこうと思っているシャロンは、どの男性にもちっとも関心を示さない。思いがけないところに、シャロンを温かな目で見守る男性がいた。シャロンの家の地下室を改装している業者のゲイブ・マローンだ。彼も離婚していて、娘を手放した寂しさを埋めるように、何くれとなくシャロンの娘たちの相談に乗っていた。しかし、少女たちの思惑どおりにことが運ぶほど、大人は単純でなかった。

愛のカルテ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ぼくが弟さんを死に追いやってと考えているんだね?」落ち着いた口調でたずねる海軍の精神科医デイビッドを見返してクリスは思わずつばをのんだ。“そうよ、あなたが弟を殺したのよ”半年前、潜水艦の乗組員だったクリスの弟が自殺した。精神的に潜水艦勤務には向いていないのに、弟の適性テストを担当した彼が勤続続行の許可を与えたのだ。クリスはデイビッドを告発しようと思った。だが、彼は彼女が想像していたような冷酷な軍医ではなく、海の似合う、美しい目をした男性だった。しかも彼は弟と親しかったはずなのに覚えてさえいないと言う。ふたりで調査を進めるうちにクリスの気持は揺らいでいった。

愛のジレンマ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「トッド、ほんとうにあなたなの?」シャノンはかすれた声でやっと尋ねた。なんと7年前海で死んだはずの夫が目の前に立っているではないか。記憶喪失になっていたというトッドの話を彼女は虚ろに聞いていた。“マットのことはどうなってしまうの?”彼女はロッシ医療研究所を開いたマットと1年前に出会い、そこの所長になって2人で研究所を軌道に乗せてきた。そして、ひと月後には愛するマットと結婚することになっているのだ。ふたりの男の板ばさみになって、シャノンの苦悩が始まった。トッドは人が変わったように金をせびってくる。それに婚姻無効の認可までには3カ月がかるという。トッドを突き放しきれない彼女に、マットがついに業を煮やした。

おてんばなスパイ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
どしゃぶりの雨が降るボストンの裏町。人通りがとだえ、あたりは薄暗い。叔父が経営する古書店で店番をしていたコートニーは、大好きなミステリー小説を閉じて窓の外を眺めた。今にもなにか事件が起こりそうな午後だ。と、長身で肩幅の広いレインコート姿の男が突然通りに現れた。黒いセダンが近づき、なにかがはぜる音とともに男は倒れた。なんてこと!今読んだ本と同じシーンじゃないの!男は大学教授でショナサンと名乗った。彼が持っているゴーリキーの手稿本が原因で襲われたという。なにか大きな軍事機密がその本には隠されているらしい。スリルと冒険に憧れるコートニーは、彼に手を貸すことになった。KGB、イギリス情報部、謎の美女などがゴーリキーをめぐってコートニーとジョナサンを黒い渦のなかに巻き込んでいく…。

愛のジレンマ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「トッド、ほんとうにあなたなの?」シャノンはかすれた声でやっと尋ねた。なんと7年前海で死んだはずの夫が目の前に立っているではないか。記憶喪失になっていたというトッドの話を彼女は虚ろに聞いていた。“マットのことはどうなってしまうの?”彼女はロッシ医療研究所を開いたマットと1年前に出会い、そこの所長になって2人で研究所を軌道に乗せてきた。そして、ひと月後には愛するマットと結婚することになっているのだ。ふたりの男の板ばさみになって、シャノンの苦悩が始まった。トッドは人が変わったように金をせびってくる。それに婚姻無効の認可までには3カ月がかるという。トッドを突き放しきれない彼女に、マットがついに業を煮やした。

ふたたび春が (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“グランドランド・J・オコンナー牧師”エリザベスは車を降りて十字架のついて掲示版の文字を3回読んだ。これがほんとうに5年前に自分を捨てた夫グラントなのだろうか。彼女がニューヨークから千キロの道程をやってきたのは、やっと見つかった夫を連れ戻すためではなく正式に離婚するためだ。だが現れたグラントを見てエリザベスはびっくりした。かつて冷酷な企業乗っ取り屋と恐れられていたビジネスマンがラフな格好をしたとても感じのいい男性に変身している。“いいえ、ここでだまされてはいけないわ。生きる手段は変えられても人生観は簡単に変えられるものじゃない”夫が去っていったときの言いしれぬ苦しみがよみがえってきた。“でも、どうして黙って出ていってしまったの?”離婚を決心してやってきたエリザベスの心は揺れた…。

{鶯谷・うぐいすだに} {ハロー!江東区!} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {アキバ中毒のページ} {電子たばこ} {台東紀行} {GOGO!江戸川区!} {高収入バイト情報} {墨田区紀行} {東京ぶらぶら} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {台東クラブ} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {美容外科} {千葉の印刷なら千代田印刷} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO}

oooオーガニック千葉A GO GO!ooo 台東紀行ooo A&Dooo うまい米@千葉ooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 新鮮 魚料理を食すooo ~品川の街~ooo 将棋好き好き@千葉ooo ガシャポン戦死!ooo 山手線エリアのパスタooo 住宅ローンのことooo 東京ぶらぶらooo 山手線エリア~おすすめの定食屋~ooo 山手線エリアで食べられるおいしいパン。ooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo 千葉県の大学一覧ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 国家の要!千代田区ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo