ハレクイスパロマ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて一人ほくそえむ・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

紅薔薇と白雪姫 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
コミュニティスクールの犯罪学のクラス―それはハイジの目的にぴったりだった。ただ一つ予想外だったのは、担当するのが引退した刑事ではなく、長身でたくましい現職刑事ギデオンだったことだ。そのクラスはミステリー作家の卵たち向けのものだと知り、ハイジは親友の冤罪事件を小説の“あらすじ”として発表し、ギデオンの注意を引いて再捜査に協力してもらおうと企てた。そして彼女の作戦は成功した。彼がすぐに“あらすじ”のことで話があると言ってきたのだ。これで親友を救えるかもしれない、とハイジは胸を高鳴らせた。その胸にある別のときめきは、今は無視して…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入り、さまざまな国籍の少女たちと出会った。これが世界を知るきっかけとなる。帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

どんなときもそばに (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
莫大な借金に追われているところに、失業!自分の人生が、もう手に負えなくなって…。ゴージャスなことの大好きな恋人ウイル・ホルワース三世と贅沢三昧の二年を送ったあとフィービーは、ウイルが支払いは全部彼女のカードに任せて、逃げていったことを知った。母から無理を言われるたびに送金もしているので、フィービーが持つ四十三枚のクレジットカードは、大借金まみれ。シリコンバレーにある豪奢なコンドミニアムも売却するしかない。売れるまでのつなぎに賃貸に出そうと決め、通勤に四時間もかかる酪農場に貸間も見つけた。だが、贅沢の味を知ったフィービーは買い物依存症で、もう払えないのに、美しい物を買うことはやめられない。そんなときに、なんと失業!踏んだりけったりの彼女の前に、厳しく叱りつける人物が現れた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フロイド,スーザン
本名スーザン・キモト。ロマンス小説家としてはめずらしい日系アメリカ人。カリフォルニア州ロスバノスの生まれ。1997年から本格的に執筆を始め、2000年スーパーロマンスから作家デビューした。カリフォルニア大学サンタクルス校他で長年教鞭をとっている。大切な家族の一員である犬ライリーをセラピードッグにするために、もっか訓練中。趣味はガーデニング、クロスステッチなど。カリフォルニアに愛する夫とライリーと住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

水ぬるむころ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十年ぶりにアダムと再会した日、日記魔のセシリアはこう記した。(アダムには会わないつもりだったのに…。会ってしまったいま、自分の気持ちがよくわからない。)アダムは独身の空軍大佐、一方セシリアは五人の子持ちの未亡人だ。二十年前の恋、妊娠、親の反対による別離、そして生まれた男の子をやむなく養子に出したこと…。つらい過去が走馬灯のようにセシリアの頭をかけめぐる。しかも、アダムはベトナム戦争での負傷で子供がつくれなくなり、養子に出した息子を捜し出したいという。わたしの過去を知ったら五人の子供たちがどう思うかしら。それに、捜し出したところで誰にとってもいい結果にはならないわ。だが、追いうちをかけるように、ある日その子の養母が現れた。夫も死に、自分の命もあとわずかなので息子を頼むというのだ。

この愛しき者を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。それは有能な警察官ジェイクにとって思いもかけぬ不運だった。罪の意識に押しつぶされ、周囲の勧めで警察を休職した彼は、ボランティアとして、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日その集中治療室に通ってくる、未熟児ピーターの母親、ロビン。“しわくちゃでピンク色の、わたしの愛しい赤ちゃん。どうかがんばって。ママにはもうあなたしかいないの!”そして、そのロビンを見つめるジェイク―。近づくのは間違っているのかもしれない。苦しむのは目に見えている。しかし、この無力な幼子を、頼るすべなき母親を、この愛しいふたりを守ってやりたい、この俺の手で。だが、いつかは告げなくてはならないだろう。彼女の夫を殺したのは自分だということを―。

内容(「MARC」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。警察官ジェイクは罪の意識に押しつぶされ休職し、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日そこに通ってくる未熟児ピーターの母親ロビン、この愛しい幼子と母親を守ってやりたい…。だが彼女の夫を殺したのは自分なのだ…。

海鳥の歌 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
結婚に失敗し、歌手としての自信をなくして6年ぶりで故郷のフロリダに帰ってきたクレアは、砂浜でひとりの男と出会った。「わたし、砂のお城をつくる名人よ」「ぼくはディラン。浜辺と太陽の熱愛者です」ふたりは一緒に砂の城をつくって夢のようなすばらしい一日を過ごした。行きずりの男とのすてきな一日の思い出は、いつか失意のクレアの心を慰め、これから新しい人生がはじまりそうな予感となった。そしてある晩、二度と歌うことはないと思っていた歌を兄のバンドに頼まれてディナー・クルーザーの船上で歌った。クレアの前に、ふたたびディランが現れた。

地中海伝説 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カナダの入国管理局の係官、カレンはビザの延長を希望してやってきたドニスと面接した。地中海に浮かぶ小さな島国、サンビートの経済顧問官だという。おしゃれな人ね、それにとてもハンサムだわ。観光が目的だという彼にカレンはすぐに滞在許可証を発行した。だがその日の夜、ドニスから電話が入った。「今、留置場なんです。暴行容疑で拘留されて…」カレンの尽力でなんとか釈放を取りつけたものの、ドニスにはどこか張りつめた陰があるようだ。翌日、図書館でサンビートについて調べてみた彼女は、その国が独裁国で悪政で国民を苦しめていることを知る。悪の片棒をかついでいるような人間に手を貸してしまうなんて…。ところが数日後、ドニスは今度は不法就労で捕まった。いったい彼は何者?ここでなにをしようとしているの?

美しき逃亡者 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「こんにちは、ぼくはギャレット。この山荘の家主の孫です」クラーク・ケントに似た温厚そうな男性にレイシーはほっとした。“よかった。警察じゃなかったのね”レイシーが人目を忍ぶ逃亡生活を始めて半年ほどになる。夫の暴力に耐えかねて婚家を出た彼女は娘の親権も奪われ、思いあまって娘を連れ出してしまったのだ。各地を転々としてやっとここシアトルに住みついたばかりだ。今はどんな人ともかかわり合うのは怖かった。だが事情を知らない大学教授ギャレットは率直に好意を示してきた。そして数日後、初めてのデートでふたりはキスを交わしてしまう。「また会ってくれるね?」「いいえ。わたしは別れた夫を愛しています」心にもない嘘をついてしまったレイシーの胸は痛んだ。

秘密の一族 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
彼女は、クリスマス・ジェーン・ドウ―略してシージェイと呼ばれている。二十六年前のクリスマスの朝、赤ん坊の彼女は、ワトソン家の戸口に置き去りにされていた。ワトソン家で育てられ、美しい娘に成長した現在も、誰が彼女を産み、誰が捨てたのかは、依然としてわからない。当時、町始まって以来の大スキャンダルだったが、彼女を巡る謎は今また新たな影を落とすことになる。最近、町の資産家ヴィクトリア・タウンゼンドがシージェイに広大な土地を遺して亡くなった。いったいなぜ彼女に?遺族は、遺産を放棄させようと躍起だ。そして、その訴訟を担当するニューヨーク帰りの魅力的な弁護士が、事態をさらに複雑にする…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウォレン,リンダ
テキサスに生まれ育つ。看護婦になるのが夢だったが、在学中にリューマチ様関節炎にかかり断念。その後美術の勉強をし画家として成功するが、テレビン油で目を痛め、油絵からも離れざるを得なくなる。そして物語を書きはじめた。『秘密の一族』は彼女のデビュー作で、最も気に入っている作品でもあるという。現在、次々と新作を執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

向かい風の町 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
10年前、ここヘイドンの町に大スキャンダルが巻き起こった―。『高校の美術教師、教え子と関係して解雇される』“教師の立場を利用して生徒をたぶらかした男”ニックはくび、“ふしだらな娘”ブルックは町を出ざるをえなくなり、ひとつの純粋な愛が、その実を結ぶ前に引き裂かれた。そのヘイドンで、今度美術館を改築することが決まり、10年ぶりに帰郷したブルックは再び苦しい立場に立った。ステンドグラス作家として招請された彼女は、美術方面を担当するニックと一緒に仕事をすることになったのだ。町の人々の中傷やいやがらせ、予想以上に厳しい家族の態度、そして、変わらぬニックへの愛を公にできない胸の痛み。ぼくを信じてほしいという彼の言葉だけが彼女の支えだが…。

内容(「MARC」データベースより)
10年前、ここイドンの町に大スキャンダルが巻き起こった。「高校の美術教師、教え子と関係して解雇される」 10年ぶりに一緒に仕事をすることになった二人は、町の人々の中傷やいやがらせ、厳しい家族の態度の中、互いに信じることが支えだが…。

リン・聖なる結婚―リバーベンドの遺産〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
トム・ベインズは世界中で活躍したジャーナリストだった。相棒のカメラマンを苛酷な事故で失ったあと、自分の人生の何もかもが失敗だったという思いにとらわれ、子供時代の思い出深いリバーベンドに戻ってきた。ジャーナリストとしての名声とひきかえに、大切な家族も失った。そんなトムが、これまで会ったことのないタイプの女性に出会い、ひと目ですっかり惹かれてしまう。いったい彼女は何者?リン・ケンダルはコミュニティ教会の牧師。休暇中にすてきな男性トムと出会い、たちまち恋に落ちた。でも、わたしの職業を知ると、どんな男性でも身を引いていく。わたしだって人を好きになる。恋をしたい。結婚もしたいの。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アボット,ローラ
ヴァージニア州生まれ。二人の弟を引き連れて、おてんば娘としてのどかな子供時代を送った。教師という天職に恵まれ、小学校教師の仕事のすべてを愛して二十五年間教壇に立ち続ける。この間に結婚、三人の子供を引き取って離婚。さらに再婚して全部で五人の子の母となり、現在では十三人の孫もいる。ロマンス小説家としてのデビューは1996年(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{鶯谷・うぐいすだに} {ハロー!江東区!} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {アキバ中毒のページ} {電子たばこ} {台東紀行} {GOGO!江戸川区!} {高収入バイト情報} {墨田区紀行} {東京ぶらぶら} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {台東クラブ} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {美容外科} {千葉の印刷なら千代田印刷} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO}

oooぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo 家電、AV機器.コレクションooo 東京ぶらぶらooo ラッキーショッピングooo お笑いタレントooo おそれ入谷の鬼子母神ooo 板橋LOVEooo 千葉のトピックス!ちばとぴっ!ooo ちば!ちば!ちば!千葉の伝統文化。ooo AKIBA-JUNKooo Simple Smoker(シンプルスモーカー)ooo ジムジムフィットネス@千葉市ooo 千葉っ子の初詣情報!!ooo 千葉県の施設ooo 千葉の道の駅ooo 使えるフリーメール比較ooo シブヤをよく知る為のサイトooo ラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo 木更津市をもっと知りたい.com!ooo