ハレクイスパロマ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて一人ほくそえむ・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

春になればきみは (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
恋人のロイを空港で待つルーシーに、見知らぬ男が声をかけてきた。「ルーシーだね?ぼくはジェフ、ロイの友人です」いったいどういうこと?ロイはどうしたの?大金持の慈善事業家ルーシーは、ここメキシコのコスメル島で、ロイと初めてふたりきりの休暇を過ごすはずだった。ところが急な仕事が入り、2、3日遅れてしまうというのだ。かわりに、元プロのアイスホッケー選手ジェフが来たらしい。とりあえず、ふたりは夕食をともにすることにした。まったく妙なことになったものだわ。複雑な思いにとらわれながらもルーシーは、ユーモアがあり、一緒にいて楽しいジェフに好感を持った。その夜、彼女は自分のバンガローで50万ドル入りの袋を見つけた。ジェフは麻薬取り引きがらみの金かもしれないと言う。思案に暮れている矢先、ルーシーは何者かに襲われた。

雪原のバイキング (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジェルム・スポーツウェアの副社長候補ダグニーは、会長の誕生パーティーで会った彼の孫ソーに惹きつけられた。ソーは有望な跡継ぎとしての地位を捨てた男だ。アラスカの大自然のもとで養犬場を開く夢を持ち、今は犬ぞりレースに出場するべく訓練中という一族のはみだし者だ。「なぜ、おじいさまの思いも汲み取ってあげようとしないの?」「きみは祖父とそっくりだ。ぼくの気持はわからないだろうね」“思い上がりだわ。こんな恵まれた環境にいるというのに”独力で苦労しながらキャリアを積んできたダグニーは憤慨した。翌日、彼女は副社長の座を約束され、その条件として、会長からアラスカに発ったソーを連れ戻してほしいと頼まれる。複雑な思いを抱えたまま、ダグニーはアラスカへ飛んだ。想像以上の厳しい自然を前に立ちすくむ彼女の耳にソーの言葉が響く。「賭をしよう。1カ月きみがトレーニングに耐えたらぼくは戻る」

仮面の宴 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
心ならずものぞいたレオの机の中に、アリアーヌは自分の“超能力”に関するファイルをみつけた。愛するレオがいったいなんのためにと彼女は愕然とした。夫と別れたのも、この超能力のせいだった。それ以来パートタイムなどして、世間から隠れて生きてきたのに。思えば友人に頼まれて小さなホテルを開き、レオを泊めてからというものおかしなことが起こりだした。ハンサムな海軍大尉のラリーは秘密をどこで知ったのか、なにかといえばアリアーヌの超能力をしつこく試そうとする。そしていま、あれほど信じていたレオまでが…。静かだった彼女の身辺はにわかに騒がしくなった。疲れきったアリアーヌが久しぶりに水晶球をのぞくと、そこには思いがけない事実が映しだされた。

初恋から永遠に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十五歳の少女ローレンと十四歳の少年キャメロンの初恋は、当時、島中をゆるがすようなスキャンダルを巻き起こした。双方の家に根深い確執があり、周囲の猛反対にあったうえ、十五歳のローレンの妊娠が決定的な不幸をもたらした。二人の仲は引き裂かれ、そのあとには醜い憎しみだけが残った。あれから十五年、すべては苦い思い出に変わったはず…。だが、ハーモニー島を離れて生きたローレンの一家にも郷愁の思いが押し寄せるときが来た。ローレンは弱った母のために、島に家を買うことを思い立つ。ある古い屋敷がオークションにかけられていて、彼女はその場でたくましく成長したキャメロンと遭遇することになった。彼が、その屋敷を競り落とそうとしている。ローレンは思わず、彼に対抗して競り上げる一声をあげていた。新しい闘いのはじまりだった。

恋人がくれた翼―シェルター・バリー物語〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
トーリーは姉の名で、姉の身分で生きるしかなかった。何年も、暴力をふるう元夫から逃げ続けているトーリーにとって、事故死した姉になりすますことは、唯一残された道だったのだ。新しい人生を始めた町で少しずつ癒されていった彼女は、やがて誠実で優しいベンという男性と恋に落ちた。そして、離れて暮らすベンの幼い娘が虐待を受けていると知り、ベンが親権を得やすいようにと、身を偽ったまま便宜結婚までしてしまう。幼い子の痛みを心から理解できるのは、かつて継父から虐待を受けていたわたしだけ。トーリーはベンの娘のために結婚したと自分に言い聞かせたが、ベンへの愛は本物だと知っていた。しかし、真実は言えない。元夫の手が刻々と迫っているのだから。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クイン,タラ・T.
アメリカではベストセラーリストにその名が載る人気作家。オハイオ州の生まれで、七歳のころから物語を書き出したという。ヴァイオレット・ウィンズピアの大ファンだった。十六歳からは地方紙に書き始め、大学卒業後、高校教師をつとめながら雑誌にも寄稿。プロデビューは1993年スーパーロマンスから。このデビュー作がRITA賞最終候補に残り、一躍シリーズのトップ作家の一人となった。三部作のあと、単行本も執筆している。現在、夫、十代の娘とアリゾナ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

虚飾の街のナイト―バロン家の恋物語 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ニューヨークの腕きき弁護士グレイ・バロンは、真夜中、けたたましい電話のベルに起こされた。聞こえてきたのは伯父ジョナス・バロンの威圧的な声だった。頼みごとがあるから“エスパーダ”に来いという。仕方なく故郷テキサスの地を踏んだグレイに、ジョナスは神妙な顔で打ち明けた。「亡き旧友の孫娘を、おまえに捜しだしてもらいたい」罪滅ぼしのためだというジョナスの言葉に好奇心を抑えきれず、グレイは私立探偵に調査を依頼する。その結果、彼女は夫の虐待から逃れ、ラスベガスに隠れ住んでいることが判明した。勇んで虚飾の街に乗りこんだ日、グレイは赤毛の美女と出会う。それが彼の悪夢にも似た恋の始まりだった。

Book Description
The stakes are too high! Attorney Gray Baron has come to Las Vegas on a mission to find a woman -- Dawn Lincoln Kittredge -- the long-lost grandchild of his uncle Jonas Baron. But single mom Dawn is not about to make it easy for him. On the run from an abusive ex-husband, she is understandably wary of strangers. Even gorgeous, sexy ones like Gray. But mutual suspicion doesn't stop an undeniable passion from igniting between them. If only they could risk telling each other the truth! Gray, that he came to Vegas just to investigate Dawn. And Dawn, that she and her child are in danger -- and desperately need his help.
--このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

悲しみの構図 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“ダイアナを恐喝している犯人を極秘で調べてほしい”復帰した往年の名女優ダイアナのマネージャー、ローレルの依頼で、私立探偵ニックは防犯コンサルタントと偽ってダイアナ邸に潜入した。財産管理人のトニー、宣伝係のフラン、衣装デザイナーのレバ、元恋人ロンなど、動機のありそうな人物がうようよしている。それにしても解せないな、とニックは思った。ローレルのダイアナに対する献身ぶりは異常とも言える。それに、仕事に打ち込むローレルが時折見せるあの悲しげな表情…。ニックはしだいに興味以上のものを彼女に抱くようになる。数日後、ついに犯人がわかったかに思われた。だがその人物は殺され、再び脅迫状が送りつけられる。そこにはローレルに関する思いがけない事実が―。

内容(「MARC」データベースより)
「ダイアナを恐喝している犯人を極秘で調べてほしい」 復帰した往年の名女優ダイアナのマネージャーの依頼で、私立探偵ニックは防犯コンサルタントと偽ってダイアナ邸に潜入した。数日後、ついに犯人がわかったかに思われたが…。

この愛しき者を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。それは有能な警察官ジェイクにとって思いもかけぬ不運だった。罪の意識に押しつぶされ、周囲の勧めで警察を休職した彼は、ボランティアとして、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日その集中治療室に通ってくる、未熟児ピーターの母親、ロビン。“しわくちゃでピンク色の、わたしの愛しい赤ちゃん。どうかがんばって。ママにはもうあなたしかいないの!”そして、そのロビンを見つめるジェイク―。近づくのは間違っているのかもしれない。苦しむのは目に見えている。しかし、この無力な幼子を、頼るすべなき母親を、この愛しいふたりを守ってやりたい、この俺の手で。だが、いつかは告げなくてはならないだろう。彼女の夫を殺したのは自分だということを―。

内容(「MARC」データベースより)
一瞬の誤認による悲劇。警察官ジェイクは罪の意識に押しつぶされ休職し、とある病院の未熟児集中治療室で働き始める。毎日そこに通ってくる未熟児ピーターの母親ロビン、この愛しい幼子と母親を守ってやりたい…。だが彼女の夫を殺したのは自分なのだ…。

花嫁は親友の妻 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャロラインは夫ボーの死後、婚家でのひどい仕打ちに耐えかね、先のめどもないまま、五歳の養女ローズを連れて旅に出た。亡夫ボーに子供がつくれず養女にしたローズだが、キャロラインは命に代えても惜しくないほど愛している。彼女は生前ボーが兄と慕っていた牧場主アダムを訪ねることにした。一方、亡くなった親友ボーの妻が娘を連れて現れたことで、アダムは心底から動揺した。ボーとアダムのあいだには、二人しか知らない秘密があった。特にボーの妻には、決して知られてはならない秘密だ。まして、その女性に自分が惹かれるなど、アダムは絶対に自分が許せなかった。波瀾万丈の女性の人生をしっとりと描いて大好評の実力派ストーリーテラーが、前三作に引き続きグローリーの町を舞台にして描く、涙なしには読めない長編正統派ロマンス。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ボウエン,ジュディス
カナダ、アルバータ州エドモントンの生まれ。ロッキー山麓で育ち、カナダの大自然とそこで生きる人々に深い共感を持つ。十二歳のときお小遣いをためて初めて自分の馬を買ったという筋金入りの馬好き。オタワの大学を卒業後、新聞社、雑誌社の仕事をしたのちフィクションを書き始めた。夫、三人の子供と現在ブリティッシュ・コロンビア州に住む。スーパーロマンス・シリーズに登場した期待の実力派ストーリーテラー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ジョー・赤毛の闘士 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
持ち前の正義感でさまざまな社会悪と闘うジョー。きょうも300人もの聴衆を前に講演をしていた。青少年に悪影響を与えるロックの歌詞に検閲制度を設けるためだ。満場の拍手のなか、ひとり鋭い視線を投げかける男がいた。「なかなかのものだな」男は挑戦的な態度で近づいてきた。「問題提起をして、皆さんにわかっていただきたいだけですわ」「なるほど。ヒットラーのやり方に似ているな」なんですって!それにしてもどこか見覚えが…。なんと自分がやり玉にあげたロック歌手、E・Z・エリスではないか。この作品は、キャラウェィ家の4人姉妹の恋を、季節を追って描いた4部作の2作目、次女「ジョー」の物語です。

{鶯谷・うぐいすだに} {ハロー!江東区!} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {アキバ中毒のページ} {電子たばこ} {台東紀行} {GOGO!江戸川区!} {高収入バイト情報} {墨田区紀行} {東京ぶらぶら} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {台東クラブ} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {美容外科} {千葉の印刷なら千代田印刷} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO}

ooo台東クラブooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo ビバ!プリプレスooo 千葉スポーツ施設MAPooo 上野情報.comooo 映画を見に行こうよ!@千葉ooo 山手線エリアで味わえる庶民の味!BQグルメooo アキバ中毒のページooo おいしいくだものメニューooo GOGO!江戸川区!ooo アメ横一番!ooo AV機器ooo 観葉植物に囲まれてecoライフin千葉ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo パンマニアーナ@千葉市ooo A&Dooo 電子たばこooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo ガシャポン戦死!ooo