ハレクイスパロマ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて一人ほくそえむ・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

黒髪の狩人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二カ月前、デパートの宝石売り場で盗難事件が起こり、嫌疑をかけられていた女性店員が自殺した。そして今度は毛皮サロンが被害にあい、サロンのオーナーの息子アレックスが調査に乗り出すことになった。容疑者は二週間前サロンの主任になったばかりのキャロラインだ。美人で華やかな雰囲気を漂わせる彼女にアレックスは興味を持った。しかし、調べていくうちに彼女が実は弁護士であることがわかる。「犯人じゃないと言い張るなら、どうして身分を偽っているんだ?」「なぜ姉があんなことになったのか、真相を突きとめるためよ。自殺した宝石売り場の店員ジェーンは、わたしの姉だったの」“キャロラインと彼女が姉妹だったとは…”アレックスには、ジェーンとのことで知られたくない秘密があった。

花嫁は親友の妻 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャロラインは夫ボーの死後、婚家でのひどい仕打ちに耐えかね、先のめどもないまま、五歳の養女ローズを連れて旅に出た。亡夫ボーに子供がつくれず養女にしたローズだが、キャロラインは命に代えても惜しくないほど愛している。彼女は生前ボーが兄と慕っていた牧場主アダムを訪ねることにした。一方、亡くなった親友ボーの妻が娘を連れて現れたことで、アダムは心底から動揺した。ボーとアダムのあいだには、二人しか知らない秘密があった。特にボーの妻には、決して知られてはならない秘密だ。まして、その女性に自分が惹かれるなど、アダムは絶対に自分が許せなかった。波瀾万丈の女性の人生をしっとりと描いて大好評の実力派ストーリーテラーが、前三作に引き続きグローリーの町を舞台にして描く、涙なしには読めない長編正統派ロマンス。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ボウエン,ジュディス
カナダ、アルバータ州エドモントンの生まれ。ロッキー山麓で育ち、カナダの大自然とそこで生きる人々に深い共感を持つ。十二歳のときお小遣いをためて初めて自分の馬を買ったという筋金入りの馬好き。オタワの大学を卒業後、新聞社、雑誌社の仕事をしたのちフィクションを書き始めた。夫、三人の子供と現在ブリティッシュ・コロンビア州に住む。スーパーロマンス・シリーズに登場した期待の実力派ストーリーテラー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

初恋から永遠に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十五歳の少女ローレンと十四歳の少年キャメロンの初恋は、当時、島中をゆるがすようなスキャンダルを巻き起こした。双方の家に根深い確執があり、周囲の猛反対にあったうえ、十五歳のローレンの妊娠が決定的な不幸をもたらした。二人の仲は引き裂かれ、そのあとには醜い憎しみだけが残った。あれから十五年、すべては苦い思い出に変わったはず…。だが、ハーモニー島を離れて生きたローレンの一家にも郷愁の思いが押し寄せるときが来た。ローレンは弱った母のために、島に家を買うことを思い立つ。ある古い屋敷がオークションにかけられていて、彼女はその場でたくましく成長したキャメロンと遭遇することになった。彼が、その屋敷を競り落とそうとしている。ローレンは思わず、彼に対抗して競り上げる一声をあげていた。新しい闘いのはじまりだった。

雪原のバイキング (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジェルム・スポーツウェアの副社長候補ダグニーは、会長の誕生パーティーで会った彼の孫ソーに惹きつけられた。ソーは有望な跡継ぎとしての地位を捨てた男だ。アラスカの大自然のもとで養犬場を開く夢を持ち、今は犬ぞりレースに出場するべく訓練中という一族のはみだし者だ。「なぜ、おじいさまの思いも汲み取ってあげようとしないの?」「きみは祖父とそっくりだ。ぼくの気持はわからないだろうね」“思い上がりだわ。こんな恵まれた環境にいるというのに”独力で苦労しながらキャリアを積んできたダグニーは憤慨した。翌日、彼女は副社長の座を約束され、その条件として、会長からアラスカに発ったソーを連れ戻してほしいと頼まれる。複雑な思いを抱えたまま、ダグニーはアラスカへ飛んだ。想像以上の厳しい自然を前に立ちすくむ彼女の耳にソーの言葉が響く。「賭をしよう。1カ月きみがトレーニングに耐えたらぼくは戻る」

夢ララバイ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
初対面のジェイスンにスーザンの胸はときめいた。離婚歴のある彼はスーザンより17歳年上で、4人の子供を抱え、ひとりで牧場を切り回している。彼女はそこへ夏のあいだ手伝いにやってきたのだ。人生の曲がり角をいくつも通りすぎてきた男のきびしい表情に、彼女は次第に魅せられていく。しかし、ジェイスンは彼女に近づこうとはしない。スーザンはとうとう我慢できなくなり、彼に詰め寄ってしまう。「ぼくはきみの父親ほどの年齢なんだよ」「でも、あなたはわたしの父親じゃないわ」「スーザン、いまはそれ以上言ってはいけない」“じゃあ、いつならいいの?”心のなかで叫ぶ彼女に、ジェイスンは暗い笑みで応えるだけだった。

紅薔薇と白雪姫 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
コミュニティスクールの犯罪学のクラス―それはハイジの目的にぴったりだった。ただ一つ予想外だったのは、担当するのが引退した刑事ではなく、長身でたくましい現職刑事ギデオンだったことだ。そのクラスはミステリー作家の卵たち向けのものだと知り、ハイジは親友の冤罪事件を小説の“あらすじ”として発表し、ギデオンの注意を引いて再捜査に協力してもらおうと企てた。そして彼女の作戦は成功した。彼がすぐに“あらすじ”のことで話があると言ってきたのだ。これで親友を救えるかもしれない、とハイジは胸を高鳴らせた。その胸にある別のときめきは、今は無視して…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入り、さまざまな国籍の少女たちと出会った。これが世界を知るきっかけとなる。帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

天使の顔をもつ女 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「すみません、よそ見をしてしまって」伯父が経営する銀行の定例祝賀会にもぐりこんだスティーブは、わざとぶつかって相手の注意を引いた。最近昇進したばかりだという幹部候補生のマーマだ。“こんなうら若い女性が本当に伯父の愛人なんだろうか?”彼は伯父からマーマに遺産の一部を贈ると打ち明けられていた。霊媒に関する告発記事で賞をとったジャーナリスト、スティーブは、記者特有の本能で疑念を抱いた。たとえ愛人関係ではないにせよ、なにか裏があるはずだ。しかしそんな疑惑とは裏腹に、彼はマーマに惹かれてしまう。その翌日、伯父の孫が誘拐される事件が起こり、なんと伯父はマーマの超能力に助けを求めた。“あのマーマが超能力者だって!”スティーブはますます彼女の正体がわからなくなった。

涙の海を越えたら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
なくした愛を見つけます、消えた恋人捜します―この広告にすがるしか、ほかに生きるすべのない男、マイケルが、探偵社「ファインダーズ・キーパーズ」のドアをたたいた。5年前、彼は若く美しい女教師エミーと灼熱の恋に落ちた。中米サンパブロの現実離れした町での魂を揺さぶられるような激しい愛の日々…。そして別れは突然にやってきた。やむにやまれぬ状況下で、別れの言葉を残すこともできずに引き裂かれた彼女は今、どこでどうしているのか。それを知らなくては、この先どうあがいても生きていけない。マイケルは必死だった。一方、サンパブロで突然マイケルに捨てられたエミーは、あのとき悲しみと失望と寂しさのさなか、妊娠を知ったのだった。

テサ・悲しみのマドンナ―リバーベンドの遺産〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幸薄い少女時代を送ったテサだが、働きながら夜学に通い、もうすぐ念願の卒業というところで、ふと知り合った野球選手にすっかり心を奪われてしまった。ロサンゼルスまで彼を追っていき、あげくの果てに妊娠。結局その彼には去られた。今、大きなおなかをかかえ、財布はほとんどからっぽ。古い車で夜も眠らず大陸を横断しているところだ。一人だけの姉が住む東部の町に戻ろうとしているのだ。これからは衝動的なことは決してしない。この子と二人生きていく。だが、中部のハイウェイからそれた目印もないところで、疲れすぎたテサは道に迷い、途方に暮れた。たまたま道を教えた男性ミッチは、彼女の様子がひどく気になった。

ずっと愛した人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ライラにとってトムは本当に特別な人だった。トムにとっても同じで、幼なじみの二人は恋人同士になった。だが、飲んだくれの粗暴な父親と掘っ建て小屋に暮らすトムと、川をはさんで向かい側の、立派な屋敷の一人娘ライラとでは生活があまりに違いすぎ、別れは、避けられないことだった。十五年後、病院で働いているライラは、大怪我を負い入院したロデオ・カウボーイが、忘れもしないトムだと知って驚いた。瀕死の彼との再会だけでも動揺したライラだが、トムの幼い娘が弟と二人だけで、父親が入院している病院近くに何日も身をひそめていたのを発見し、ショックを受けた。トムの娘は、まるで体中からとげを出しているようにかたくなで、必死に一人で小さい弟を守ろうとしている。あどけない弟のほうも、母親についてきかれるとひどくおびえる。二人を家に連れ帰ったが、ライラは謎に包まれ、途方に暮れた。

{鶯谷・うぐいすだに} {ハロー!江東区!} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {アキバ中毒のページ} {電子たばこ} {台東紀行} {GOGO!江戸川区!} {高収入バイト情報} {墨田区紀行} {東京ぶらぶら} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {台東クラブ} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {美容外科} {千葉の印刷なら千代田印刷} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO}
{スペイン文学祭り} {知られざる中国文学の世界。}

ooo性病検査キットooo 千葉花火大会情報。千葉はナビ!ooo 上野情報.comooo 「TaEco」(タエコ)ooo 千葉県の天然記念物一覧ooo デパチバ.com ~千葉にもあるよデーパート集~ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo ファッション.コレクションooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo 千葉とんかつooo 板橋LOVEooo 風呂の事ooo 映画を見に行こうよ!@千葉ooo 花ざかり千葉ooo Rest for a momentooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo 中野区居住化計画ooo キャンプに行ってみよう!@千葉ooo